レディー

美肌効果にはエイジングケアが必須|美容液使用でもっちり肌をゲット

美肌になる使用法

美容クリーム

基本的な使い方

メディプラスゲルは肌をいたわる成分だけを使っている美容ゲルです。皮膚科医の監修のもとでアレルギーテストもしてあります。肌にいい成分を使っているメディプラスゲルですが、擦りすぎると皮膚が痛みます。指先でつけると力が入ってしまうので、手のひらにとって、手のひらで広げるようにしてつけるのがコツです。手のひらで覆って温めるようにすると、体温の働きでゲルが溶けて吸収力がアップします。メディプラスゲルの効果が現れるまでには個人差があります。使った翌日から肌がもっちりする人もいますが、たいていは1ヶ月以上使って効果が分かってきます。特にトラブルがない限りは、一本使い切ってから効果を判断することをお勧めします。

使う量の目安

メディプラスゲルの一回の使用量は、普通肌の人なら2〜3プッシュ、乾燥肌の人なら4プッシュが目安です。短期間で肌質を改善したい場合は、なるべく多めの量をつけることで効果が分かりやすくなります。つけはじめは慣れていないので、べたつきが気になる場合があります。メディプラスゲルは1〜2プッシュで肌を潤す効果、3プッシュ以上で潤いを保護する効果があります。乾燥を予防したいならば、べたつきが気になっても3プッシュ以上はつけるのがお勧めです。週に一回はメディプラスゲルのパックをすると美肌力が向上します。メディプラスゲルを通常よりも多めにつけるだけでパックができます。メディプラスゲルのサイトには、ゲルパック用のシートも売られています。